札幌市内を中心に飲食店や理・美容店舗の販促ならミルコムにお任せください!

お問合せ011-881-1326

飲食店HACCP導入の流れとPoint

飲食店におけるHACCP義務化によって飲食店様は何を準備するのか?何をしたら良いのか?
飲食店HACCP導入に向けた流れとポイントを知っておきましょう。

 2018年6月、食品衛生法が改正され、HACCPの制度化(義務化)が決まりました。原則として全ての飲食店で、「HACCPに基づく衛生管理」や「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」と言った今まで行っていた衛生に関する取り組みの「見える化」を行わなければならなくなりました。

 ではどのようにして飲食店に向けたHACCPの導入を進めていけばいいのかについて大まかな導入の流れとポイントを紹介します。

日頃の衛生管理を振り返りましょう

 HACCPを導入して実践的、効率的に実施をするのに重要な前提条件は「一般衛生管理」です。一般衛生管理とは、飲食店が普段から行っている、原材料の仕入確認や冷蔵庫等の温度管理、厨房(調理場)やそこで働く従業員の衛生管理や調理器具の洗浄・殺菌などのことを指します。

 先ずは、日頃から厨房(調理場)で行っている一般的衛生管理を振り返りながら、「いつ・どのように行うのか」「問題が起こったときはどのように対処するのか」という点で衛生管理計画を策定するうえで、日頃のオペレーションを振り返ってみましょう。

重要管理ポイントをまとめましょう

 日頃の一般衛生管理を振り返ったら、次に振り返って出てきた要素をまとめて想定出来うる危害要因への対策を考え決定しましょう。

 危害要因の対策を考えなければならないかと言うと、調理の過程で食中毒を引き起こす有害な微生物の増殖を事前に防ぐべく対応を事前に認識するとともにスタッフを含めてお客様の口にするメニューを安全に安心して提供するためにも必要だからです。

 先ずは、今提供しているメニューを3つの調理工程に分類しましょう。

  1. 加熱しない料理
  2. 加熱する料理
  3. 加熱調理後冷却し、再加熱または加熱後に冷却する料理

 上記の分類が終わったら、それぞれに「どの様な危害要因があるのか?」を分析しましょう。

想定出来うる危害要因

  • 加熱しない料理

    加熱調理工程がないため、食材に付着している有害な微生物を殺菌することができない。

  • 加熱する料理

    鶏肉などの食肉は有害な微生物に汚染されている可能性がある。

  • 加熱調理後冷却し、再加熱または加熱後に冷却する料理

    加熱調理したものを長時間室温に置いておくと、加熱しても食品に残っていたり、加熱後に付着したりしてしまった有害な微生物が増えてしまい、食中毒の原因となる。

 危害要因が分析できたら、それぞれへの対応策を考えます。

危害要因への対応策

  • 加熱しない料理

    加熱して殺菌できないため、まずは汚染されていない食材を使用することが重要。可能なものは十分に洗浄し、冷蔵庫にて低温(10℃以下)で保管することで有害な微生物の増殖を防ぐ。

  • 加熱する料理

    鶏肉などの食肉は十分な加熱を行う。食肉などに存在している多くの有害な微生物は75℃で 1分間以上加熱すると死滅するため、中心部までしっかりと火を通す。また、加熱調理後、盛り付けるときに手指や調理器具を介して食品を汚染させないように注意する。

  • 加熱調理後冷却し、再加熱または加熱後に冷却する料理

    加熱後に保管する場合は、60℃以上で保管するか、もしくは危険温度帯(10~60℃)に長く留まらないように、素早く冷却する。

 その他にも今提供しているメニュー毎に細分化すると「非加熱の刺身や冷奴は、冷蔵庫から取り出したらすぐに提供する。」「冷蔵庫の温度はこまめにチェックする。」、「加熱するハンバーグは、火の強さや時間、肉汁、見た目、中心部の温度等をチェックする。」など、対応策が具体的に決まっていきます。

 こうして重要管理ポイントと対策が決定できたら、次はこれらをチェック表にまとめて、計画にあわせて実践し、記録していくことになります。

策定した管理は記録することが実施です

 飲食店HACCP導入の最終段階は、「毎日記録を取る」「記録を取ることを継続して実施する」という作業ですが、記録を取ることで食中毒など有事の際に早急な原因究明ができて、迅速に問題解決ができるのです。

 記録は、単純作業です。しかし、「冷蔵庫の温度チェック」と簡単に言っても、忙しいなかで毎日継続していくことや、パートさんやアルバイトさんたちにも周知・徹底させることは大変ですよね。

 これらの作業は今後継続をしなければならず、現場の負担にもなりますが、弊社のパートナー企業である有限会社エムズテック社と連携し、日頃の厨房(調理場)の衛生検査やコンサルティングを含めて飲食店様のHACCP導入や衛生管理をサポートしています。

管理計画の策定を進めましょう

HACCP義務化にあたり、何をすべきかわからず漠然とした不安を抱えている方がいるかもしれませんが、飲食店様が行うべきことは3つです。

(1)衛生管理計画の策定 (2)計画に基づく実施 (3)確認・記録

 これまで行ってきた厨房(調理場)での衛生管理(オペレーション)を振り返り、見直し、体系的にまとめて、しっかりと管理・記録していく」というシンプルな作業です。安全・安心な料理を提供するためにも飲食店HACCP導入を進めてみてください。

飲食店HACCP導入の無料訪問を行っております

 弊社ではパートナー企業である有限会社エムズテック社と連携し、日頃の厨房(調理場)の衛生検査やコンサルティングを含めて飲食店様のHACCP導入や衛生管理をサポートしています。

 飲食店HACCP導入に関してご不明な点等ありましたら、無料で訪問しご案内をさせていただきます。

 実際の作業などは別途費用が掛かりますが、先ずは飲食店HACCPに関してもう少し知りたいと言う飲食店様はお気軽にご相談ください。

飲食店HACCP導入の無料訪問について

訪問エリア 札幌市内・近郊/函館市内
訪問日 札幌市内・近郊:平日に訪問/函館市内:月2回上旬または中旬に訪問
訪問時間 札幌市内・近郊:AM10時~PM4時の間/函館市内:AM10時~20時
訪問料金 初回無料
訪問場所 お客様の店舗または会社へ訪問いたします。
訪問担当 株式会社ミルコムまたは有限会社エムズテックより担当者が訪問いたします。

飲食店HACCP導入の無料訪問お申込み

訪問先エリア必須 札幌市内・近郊函館市内
訪問先店舗名必須
担当者様名必須
店舗業種
※ その他一般飲食店を選ばれた方はこちらにご入力ください。
訪問希望日必須 訪問を希望する日の第1希望 :
訪問を希望する日の第2希望 :
訪問先住所必須 -


建物・ビル名
訪問先電話番号 - -
訪問希望時間
※ 札幌市内・近郊:AM10時~PM4時の時間内でご入力ください。
※ 函館市内:AM10時~20時の時間内でご入力ください。
現在の状況 定期的に美装屋さんで清掃をしている。 はいいいえ
※ 企業名などご入力ください。

組合など団体に所属している  はいいいえ

※ 団体名などご入力ください。

衛生関係会社よりサポートを受けている はいいいえ

※ 企業名などご入力ください。
メールアドレス必須
折返しご連絡方法必須 メール電話
メッセージ